「医療 パラレルワーカー」の挑戦

「医療をもっと身近に」を理念に地域で生きる医療従事者として日々想うこと。

広告

自分を創ってきた人生

幼少期から思春期

家庭の事情で両親ではなく

祖父母に高校を卒業するまで

育てられていました。

 

もちろん、授業参観などに親がおらず

周りから冷たい言葉を言われてこともありました。

それに加えて兄弟がおらず

悩みがあれど、祖父母を心配させまいと

何も言えずに自分で抱え込み

一人で過ごすことが多かったのを記憶しています。

      f:id:Hiroki12:20190212183346j:plain

自分で考え選択する人生

その後

相談できないのであれば

自分で出来ることを増やして

自分で選択すれば良いと

前向きに考えられるようになった自分がいました。

※様々な経験の上ですが。笑

 

      f:id:Hiroki12:20190224231933j:plain

考え方次第で世界は明るく

環境が挑戦する楽しさを教えてくれました。

そうすると次第に仲間も増えていきました。

 

自分の環境に悲観していた時期もありますが

今では亡き祖父母や全ての環境に感謝する日々です。

NPO法人 地域医療連繋団体. Needs

伊東 浩樹