「医療 パラレルワーカー」の挑戦

「医療をもっと身近に」を理念に地域で生きる医療従事者として日々想うこと。

広告

今出来ることを全力で

日々想うこと

物心ついたころからでしょうか。

いつも想っていたことがあります。

「生きているんだなぁ」

ってことです。

f:id:Hiroki12:20190215211759j:plain

それを小学生や中学生のころから

想うってことはどんな子供時代なの!?

と思われるかもしれませんが。

 

なぜか

今、生きていることに感謝することが多かったんです。

というよりも「運」が良いなぁと。

そう思うことが多かったのかもしれません。

それは些細なことなのかもしれませんが

例えば、バスに乗り遅れたと思ったら「間に合った」とか。

危機的場面が訪れるはずが、寸前で「回避」出来たりと。

 

生きてるより、生かされているこの人生って不思議だと思っていました。

 

臨床現場で加速する想い

医療資格者として働いていた

臨床時代、子供から高齢者までICU(集中治療室)に運ばれてくる

人たちをみて、病院なんて、死ぬなんてもっと先かと思っていたことが

自分より若かったり、同い年くらいだったりするもんだから

もっと「生かされている」と思うようになりました。

 

時は流れ現代は2025年問題などが

ニュースとなる「超高齢化社会」へ。

f:id:Hiroki12:20190215211756j:plain

生きている以上、支援が必要な時代である限り

僕自身沢山の人に支えられていると感じながら

自分に出来ることを精一杯こなしていきたいと思います。

 

NPO法人 地域医療連繋団体. Needs

伊東 浩樹