「医療 パラレルワーカー」の挑戦

「医療をもっと身近に」を理念に地域で生きる医療従事者として日々想うこと。

広告

支援の難しさ

福祉の視点から

僕は普段NPO法人の職員として

医療を医療資格者ではない方々に身近に

感じていただける機会を検討して

できることから実行しているのですが

同時に社会福祉法人にて障害福祉部門の責任者でもあります。

     f:id:Hiroki12:20190218210503j:plain

障害福祉部門と一口に言っても

子供〜大人まで幅広く

疾患も身体〜精神分野まで様々です。

 

今回は子供に関する障害福祉分野における

「発達障害」に関する支援提供のあり方について

考えていきたいと思っています。

発達障害って!?

発達障害とは、自閉スペクトラム症、注意欠如・多動症

限局性学習症(学習障害)などを含む幅広い概念を指します。

 

感染症や遺伝子の異常による疾患が原因となることもありますが

原因不明のことがほとんどです。

症状に合わせた理解や支援を行うことが重要な疾患です。

また、自閉スペクトラム症の方にみられることのある

易刺激性や注意欠如・多動症には保険診療で

薬物療法が用いられることもあります。

      f:id:Hiroki12:20190218210651p:plain

ふむふむ・・なるほど・・・・。

 

と思われたかともおられると思います。

しかし!!

上記は教科書的な概念にすぎません。

 

現場から考える発達障害

 僕が実際の現場でみる子供達は

「障害」という言葉で捉えられていますが

考え方は人それぞれで

例えば「言葉が遅い」ということを「障害ではなく個性」として

捉えることもできます。

 

勉強ができる、できない。

運動ができる、できない。

も同じ考えで捉えることもできます。

 

しかし、言葉や運動が

長い年月や療育を得てそれでいて

伸び悩む場合は特別支援学校や放課後等デイサービス

そして療育センターなどの利用が必要と思います。

 

現代における自閉症スペクトラム

今の時代、「自閉症」ではなく

スペクトラム(広汎性こうはんせい発達障害」ともいわれ

自閉症・アスペルガー症候群などの下位分類に分けられていました。

近年では、これらの下位分類を設けない傾向にあります)という

単一の概念になっているため知的レベルに問題がなくとも

・癇癪がひどい

・気持ちの切り替えが苦手

など、子供の成長過程で誰しも垣間見える事柄も

親の捉え方で「障害」となってしまいます。

    f:id:Hiroki12:20190218210510j:plain

考え方は人それぞれ

スペクトラムと単一化された「発達障害」

誰でも支援を受けることが出来るようになった一方で

本当にそれが必要な子供か、そうではなく環境やその他の問題で不安定に

なっているのかを考えていく必要があります。

 

そうした捉え方や支援は福祉現場のプロ達に一任することに

なりますが、それだけではなく「親」「学校」そして「本人」

話をよく聞いて相互に話し合いながら

考えていかなければならないと思います。

 

現在実施している取り組み

僕の住む北九州市

子育てしやすい街ランキングでは

常に上位となっています。

 

現在、発達障害に関する悩みを

行政や福祉のプロ

そして実際に子育て経験のある「ペアレントメンター」さんに

気軽に相談 出来る場をひらいています。

 

     f:id:Hiroki12:20190218205853j:plain

       ※北九州市 相談カフェの様子

 

誰がどんな理由で支援を必要としているか

わからない世の中

そんな人の声も拾って行けるように

一歩通行にならぬよう

提供する側も成長し続けなければと思います。

 

NPO法人 地域医療連繋団体. Needs

伊東 浩樹

 

(⬇︎参考にしてください⬇︎)

発達障害&グレーゾーンの3兄妹を育てる母の毎日ラクラク笑顔になる108の子育て法

発達障害&グレーゾーンの3兄妹を育てる母の毎日ラクラク笑顔になる108の子育て法

 

 (⬇︎Twitterでも情報発信中です⬇︎)