「医療 パラレルワーカー」の挑戦

「医療をもっと身近に」を理念に地域で生きる医療従事者として日々想うこと。

広告

リスタート人生の勧め:安定が不安定に変わる時

今回は仕事や人生論についてのお話

現在僕がパラレルワーカーとして

5つの仕事を複業している話は

前回したと思います。

(⬇︎その時の話はこちら⬇︎)

www.hiroki12.com

その中の2つ、株式会社NPO法人は自分で

運営しています。

僕がサラリーマンだったころ

なぜ安定を捨てて「起業」の道を選んだのか

今回はそんなお話です。

安定が不安定に変わる瞬間

数年前まで医療従事者として

病院=臨床の場で働いていました。

病院で働いている時は「安定」して

給与が一定額入ってきますし

社会保障と呼ばれる保険や年金なども

自然と引き落とされるので

「働いていれば良い」だけの生活でした。

 

そんな安定を

「安定なんか存在しない」

思うようになったきっかけは

臨床現場で働いていた際になります。

 

20代だろうと30代だろうが

若いと言われている年代でも

病気になるし、最後を迎えることが

あるという現実を沢山目の当たりに

したことです。

 

病気や怪我はいつも

人の人生と隣り合わせです。

そうなった後の保証はどこにもありません。

f:id:Hiroki12:20190219174248j:plain

そして当時の僕は「やりたいこと」も

ありました。

 

それはもちろん今のNPO法人や仕事は

医療、健康に関する取り組みですので

そういった内容になります。

 

会社(病院)での安定 と 

起業での不安定 を

考えた時に今までであれば

安定(会社)に勝るものはないと

思っていた気持ちが

「人生という器の中のツール(会社)」

1つでしかないのではないか。

考え始めた際

今まで安定だと思っていたもの

急に不安定だと感じてしまったのです。

    

それならいっそのこと

自分のやりたいことをしっかりと考え

挑戦した方が有意義であり

ある意味で健康でなくなった際にも

自分で働いていける基盤を作っておけば

そのほうがよっぽど安定だと感じたのです。

 

そう思ったあとは

行動あるのみでした。

 

今は安定が不安定に変わる瞬間が

自分の中におこったことに

感謝しています。

 

人生は冒険だ。

 

NPO法人 地域医療連繋団体. Needs

伊東 浩樹

 

 (⬇︎よろしければこちらもお読みください⬇︎)

www.hiroki12.com