「医療 パラレルワーカー」の挑戦

「医療をもっと身近に」を理念に地域で生きる医療従事者として日々想うこと。

広告

価値観

今日の終わりに

 

今日も仕事が無事に終わりました。

 

終わったというか

まだライターとか、ライターとか

ライターとか、、書類とか、、。笑

 

とにかく 文字書きの仕事は

まだ終わってない、、笑

 

でも とりあえず ノルマは達成。

 

皆さんは

今 何に価値観を置いていますか?

仕事、家族?

今日は 価値観のお話しです。

                f:id:Hiroki12:20190222224924j:plain

自分を認めること

友人でも、家族でも、職員でも

みんな人であり

それぞれ考え方は違いますよね。

 

学生の時は

なんとなく 周りに合わせるのが

嫌いでした。

 

それは 話が合わないのに

何故 無理に寄り添う必要があるのか

幼心に 不明確だったからです。

                 f:id:Hiroki12:20190222225021j:plain

時は流れて

社会人になり

周囲に合わせる事

つまり 協調性の大切さ

を学びました。

 

それは 僕が 医療のお仕事だったから

尚更痛感したのかもしれません。

しかし

幼心に抱えた違和感

僕の 芯から 抜け出す事はなく

仕事であっても

無理に 寄り添うことは

誰にとっても良くないことだと感じました。

 

健康の要素

健康には 「4つ」の要素が

あると言われており

○身体  ○精神 ○社会 

の3つが含まれます。

 

身体、精神はわかりますよね。

社会 とは 社会的にどうなのか?

ということで 家族や生活環境のことです。

 

そして この3つ以外の

最後の要素が

「価値観」なんです。

 

あの時

違和感を感じていたのは

価値観のズレから

不健康になっていたのかな?

と今となれば感じます。

f:id:Hiroki12:20190222225019j:plain

なぜなら

今は 過去を振り返る心の

余裕があるくらい自由気まま

生きる事が出来ているからです。

 

自分の健康は自分で守る時代

皆さんも 走りすぎたら

たまには 立ち止まり

深呼吸をして

是非、自分の価値観

見つめなおしてくださいね。

 

NPO法人 地域医療連繋団体. Needs

伊東 浩樹