「医療 パラレルワーカー」の挑戦

「医療をもっと身近に」を理念に地域で生きる医療従事者として日々想うこと。

広告

気持ちの切り替えについて

パラレルワーカーとして生きること

パラレルワーカーとして

生きていると

様々な壁に遭遇します。

 

その壁は事業のことや仕事のこと。

 

そして人間関係に到るまで

本当に様々です。

f:id:Hiroki12:20190412170545j:plain

事業のことに関しては

対外的にみて

初めてのことが多いので

逆風が吹き荒れることを想定して

行動しなければなりませんし

その後、もし火種となってしまった場合は

その火種を鎮火するか

さらに燃やして前進していくしかありません。

全て自己責任

パラレルワーカーとは

ある意味フリーで行動することに

なりますので

その責任は常についてきます。

 

僕の場合は

そこに2つの法人があるため

その従業員も含めて

全ての事業で責任があります。

f:id:Hiroki12:20190412170537j:plain

もちろん

会社や事業は

代表者だけでなく社員全員で

実施するので

全体の責任ということには

なりますが

最終的には代表者の責任を問われると思います。

気持ちの切り替え

色々と活動をしていて

先に書いたように

確かに壁や逆風はあります。

 

しかし

そうだからと言って

いつまでも

気持ちを切り替えずに

「クヨクヨ」と落ち込んでいる暇はありません。

 

そのため

重要になってくるのが

気持ちの切り替えです。

f:id:Hiroki12:20190412170550j:plain

気持ちの切り替えは

とても大切で

どのくらいの期間でそれが

出来るかで今後の運命を左右する

言っても過言ではありません。

 

時は常に流れます。

 

その都度、その都度

気持ちを切り替えながら

最終的には入浴時や就寝前に

一日の振り返りをするようにしています。

 

次の日に持ち越さない

都度の切り替えや

1日の最後に

自分を振り返ることで

冷静になって

今やこれからを考えていくことができます。

 

そして

どんなに辛いことがあっても

次の日に持ち越さずに

夜が明けて、朝が来たら

また

1歩を踏み出すしかないのです。

f:id:Hiroki12:20190412170542j:plain

今日は

なんだかマイナス思考な記事となりましたが

気持ちを切り替えて

また次へ前進していきます。

(⬇︎Twitterです⬇︎)

(⬇︎過去記事です⬇︎)

www.hiroki12.com