「医療 パラレルワーカー」の挑戦

「医療をもっと身近に」を理念に地域で生きる医療従事者として日々想うこと。

広告

「相談」について

もうすぐ5月です

ここ数日は中々

ブログを更新できずにおりましたが

新年度が始まり

新規スタッフも増えて

日々充実した日々を過ごしておりました。

 

気づけばもう4月下旬です。

そして5月になるんですね。

早いなーと感じております。

今日のテーマは「相談」です

僕も含めて皆さんは

何か困りごとがあった際には

家族、友人、専門家に

「相談」することがあると思います。

f:id:Hiroki12:20190427160949p:plain

最近「相談」について考えた時に

相談をする側とされる側で

その対象となる事柄についての

考え方や受け止め方が違うということを

感じることがありました。

 

もちろん

相談というのは伝える側と受ける側とでは

最初からスタンスが違いますので

感じ方は様々だと思います。

 

しかしながら

その双方を第三者目線で考えると

色々な視点で考えることができると

感じたのです。

相談とは?!

そもそも相談とはどんな意味があるのでしょうか?

辞書によりますと・・・・

 

そうだん【相談】

 
( 名 ) スル
物事を決めるために他の人の意見を聞いたり、話し合ったりすること。
また、その話し合い。 「旅行の日程を-する」 「 -に乗る」

引用:出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

 

とのことです。

 

つまり

自分で考えられない時に話す。

または、何かを決める際に話し合うこと。

 

仕事や学校生活で

困りごとや進めるべきプロジェクトなどで

意見が欲しい際には

相談は必須となりますよね。

f:id:Hiroki12:20190427160955p:plain

相談する、される場面を多くみた結果

相談をされる側とする側ですが

パラレルワーカーとして

色々な企業や現場に出入りしていると

様々な相談場面に出くわします。

 

沢山相談する人は

不安が多いか、報連相が上手な方という印象。

 

沢山相談を受ける人は

複数の役割を担っている人か、話を聞くのが上手な方という印象。

 

これら以外にも沢山思うことはありますが

長くなるので印象はこの程度にまとめておきます。

相談の先に見えるもの

相談をした先に見えるもの

考えられることとしては

相談をする、されるということは

その内容について

「解決」したい

「前進したい」という現れではないかと

感じています。

f:id:Hiroki12:20190427161003p:plain

現状維持で良いのなら

相談という方法は選ばないと思います。

 

学校、仕事、プライベートで

どうにかしたいと思うからこそ

起きることだと思っています。

 

相談というのは

伝える方も、受ける方も

エネルギーのいることなので

時には疲れることがありますが

これから先を考えて

双方が「お互い様」の気持ちで

いることが大切だと感じます。

 

NPO法人 Needs
伊東 浩樹

(⬇︎Twitterです⬇︎)